top of page

ウェブサイト開設しました!


学校づくりは、母の味


子供達のために学校を創りたいと思い始めて早一年。

未来を自ら切り拓く力を育みたい。 大きくて漠然とした強い想いはずっとそこにあった。

でも、子供達のためにそういった学校を創るにはどうしたら良いのか という経験も知識も全く持ってなかった。

 これといった一流レシピも高級食材もあるわけじゃないけど、冷蔵庫の中の余り物の食材を使い、栄養バランスを考え、美味しいおかずを作ることが当たり前の母達の、その長年培った感覚から作る、大皿料理の即席の味付けは天下一品で、高級レストランで出される料理より、予想外に子供達に大人気だったりする。

「ママのご飯が一番おいしい」

そう、それはまさにそんな感じ。

もしかしたら、私達の学校づくりも、それに近いものがあるのかもしれない。

と思う瞬間があったりもする。


 子ども達が自身の個性を輝かせて、幸せになれる学校ってどんな学校だろう?

 将来、困難に直面しても立ち向かえる力を育むために、私達大人は何をすれば良いのだろう?

 毎日毎日、あーでもない、こーでもないと考えながら、自信ない、でも前に進みたい、ほんとにこれで良いのかな、進めるのかな、それでも前進してる。



 色々なご縁があり、多くののアドバイスをいただき、そこから学ばせていただいた機会もあった。  それでもどうしたら良いか、仲間と一緒に、私達なりに何ができるか試行錯誤を積み重ねている。

 今は、公立学校の現役教員であるゆかりちゃんが、彼女のキャリアを投げ打ってまで、その情熱を持って私達の活動に飛び込んできてくれた。


それでも 一日一歩、三日で三歩、三歩進んで二歩さがる


を身をもって体現している


 大切なのは、子ども達のために 自分がどうしたいか、どうするか。


 そして何より、私達の活動によって輝いているたくさんの子供達の姿を見たい

 彼らを無限に広がる可能性と明るい未来へ送り出し、見守っていきたい

閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentários


bottom of page